社会の中で生きることの難しさ

 社会という大きな集団の中には多くの人間がいて、ひとりひとり違う価値観を持ち、その人たちとうまくコミュニケーションをとることができないと生きていけない。まず仕事ができない。すると生活費を稼げない。コミュニケーション力は生死に関わる能力だ。多くの人間はその能力を最低限は備えているが、そうじゃない人間もいる。こういう人間はごく少数なので、変わり者扱いされ、結果、職場でも浮いてしまう。
 もうヤケクソに生きていくしかない。私はよく「どうにでもなりやがれ!!」と心の中で叫ぶ。そして家に帰れば酒を飲む。こうやって生きていくしかない。
 
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加       

コメント

非公開コメント

プロフィール

アンディ

Author:アンディ
酒を飲むと、やっとものが言えるようになる重度のコミュ障。生きづらいです。夜に酔っ払いながら書いているので、内容や文体が支離滅裂になることがあります。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 寂しいサラリーマン・孤独なサラリーマンへ
にほんブログ村

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR