懐かしいという感情

私はよく散歩をします。地元に住んでいますが、散歩をしていると、たとえば小学校のときによく遊んでいた公園なんかをみつけます。すると小学生の頃を思い出します。いっしょに遊んでいた同級生の顔や性格、どんな遊びをしていたか、印象深いエピソード、またそこからまた別の同級生を思い出したり……。すると懐かしいという感情で心がいっぱいになります。この懐かしいという感情はなんて美しいんでしょう。たとえその思い出が楽しいものではなくても、ささいなことでも心を癒し、幸福な気持ちにしてくれます。実際に私の学生生活は地味で退屈で友達も少なく、生涯の親友ができたわけでもありません。青春を味わえたとはとても言えませんが、それでも昔のことを思い出すのは私にとって心地良いのです。不思議なものです。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加       

コメント

非公開コメント

プロフィール

アンディ

Author:アンディ
酒を飲むと、やっとものが言えるようになる重度のコミュ障。生きづらいです。夜に酔っ払いながら書いているので、内容や文体が支離滅裂になることがあります。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 寂しいサラリーマン・孤独なサラリーマンへ
にほんブログ村

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR